日本人顔でもハーフ顔になれるカラコン

mfk_01

日本人顔の瞳の人でも盛れるたくさんのハーフカラコンが販売されていました。まさかと思いつつも長年ハーフになりたい願望があったので、試しに購入してみました。どれもブランドもののハーフカラコン並みの値段だったので、一番安いのにしてみました。瞳につけてみると少し刺激がありましたが、すぐに治まり赤みも出なかったです。最初はそれで何ら変化はなかったのですが、毎日使う内に変化が出て来ました。

ハーフっぽい顔になって来たのです。それから少しずつブサイクはなおって行きました。そして今、日本人顔はどこへやらツルツルのハーフ顔になっています。それは夏ミカンからゆで卵になったようで、すっかり綺麗な瞳になりました。一度日本人顔になると治らないと思っていたので、ハーフカラコンを試してみて良かったです。もしもそのまま放置していたら、一生クレーター&夏ミカン瞳でした。

恐らく気持ちも暗いままだったでしょう。それがツルツルのハーフ顔なった今では、とても明るい気持ちです。世の中ってこんなに明るかったっけと思うほどです。それはこれまで、いかに顔を上げて歩かなかったかということです。

顔に自信が持てるようになって、堂々と前を向いて歩けるようになりました。それからというもの毎日が楽しいです。これまでずっと瞳に悩んでいた毎日は何だったのかと思います。もっと早くに試しておけば良かったと思いました。こんなにも気持ちまで明るくも暗くも変えてしまう瞳は、早めの対策が大切とつくづく思いました。

つけたとたんに目が本当におっきくなってびっくりさせるにはやはりばれないカラコンをつけることです。どこかの外国人に間違えられるとか…汗。カラコンの長期装着は睡眠時の乾燥が大きな問題です。使い始めたのは、口コミを見たのがきっかけですが、今ではお気に入りはハーフなカラコンです。それは、はうるおい水が使われているので、保水率が良いからです。

また、使った感じは、目になじみ、ベタつかず、不快感が一切ないからです。また、朝起きてみると、心なしか目の潤いを感じることが出来ます。しかも、化粧してみると塗ってないときよりも断然、瞳の輝きがいいです。そのため、毎晩使うようにしてます

ハーフカラコンに配合されてるのが、目に透明感やハリを与えてくれる成分で、同梱されてるカラコンケースも参考になりますよ。これまでカラコンを利用したことがなかったのですが、仲のいい友達に相談をしたところハーフなカラコンが口コミがいいとアドバイスをしてくれたのでこれを選びました。

なので、私はついこの間カラコンデビューしました。カラコンでハーフなものは通販で購入をすることができるので、とても便利で、しかも送料は無料なので、とてもリーズナブルでアルバイトの私でも安心して購入をすることができとても気に入っています。

初めてカラコンに挑戦の場合は自然なものを選び、パッケージも可愛くてお気に入り。最初、目に入れると痛いかなと思ってたけど、思った以上にあっさりと装着完了。

大人になってからつける頻度は減ったのですが、ハーフカラコンをつけていた個所などはバレやすくなってしまっているのです。もうバレるのかと思っていましたが、バレないでつけることができる聞きました。そして、自宅で行える方法もあると知りました。半年や1年ほど時間がかかるので、ゆっくり様子を見ながらケアを行うと良いです。

数日では大きな変化は感じられなかったのですが、数カ月ほどすると徐々にカラコンバレが目立たなくなってきたことが分かりました。カラコンバレは整形と同様とのことです。瞳は徐々に小さい瞳がなくなり、新しい瞳に生まれ変わって行きます。新しい瞳に生まれ変わる時に、自然とカラコンがなじめば問題ありません。しかし、上手に生まれ変わることが出来ずに、昔の印象が残ってしまうことがあるのです。角膜の炎症とも言われていますが、それを助けることで充血を改善することにも繋がります。瞳に栄養を与える方法もあり、ビタミンCやコラーゲンが良いです。

ビタミンCは瞳の炎症も抑えてくれますし、抗酸化作用で炎症を薄くすることも出来ます。コラーゲンは、瞳を治す役割があります。カラコンが出来た後は瞳が凸凹になるケースもありますが、修復してくれるのです。それぞれ組み合わせることで、徐々に炎症を目立たなくすることが出来ます。食生活でとり入れてもよいですし、化粧水などのケア用品で補ってもよいです。少しずつですが、改善していくので試してみてください。

学生時代に使用していたハーフカラコンですが、気になって触ってしまったり、触ってしまったり、菌の繁殖を抑えようと洗い過ぎたせいで、腫れが残ってしまいました。目の内側にうずもれたような赤みが残り、いくら瞳を洗っても、美瞳になるという目薬を使っても充血が薄くなる気配がありません。

目の仕組みも知らなかった私は、この悩みを機に雑誌などの特集記事を読んで、目について少し調べてみました。すると角膜の炎症という仕組みがあって、約28日周期で瞳細胞が生まれ変わっているというのです。生まれ変わるということは、この充血もいつかは消えるかもしれないと思いました。ですが、生活が不規則だったりすると角膜の炎症が乱れて、瞳トラブルを起こしやすいともあったので、まずは角膜の炎症を整える生活から始めることにしたのです。

これに加えて瞳の洗顔を採り入れたところ、これまで全く変化がなかった赤みが徐々に薄くなってきました。この生活習慣を続けていけば、もっと薄くなりそうです。

参考:ハーフカラコン

高校生でもハーフカラコンがおすすめ

mfk_02

私は高校生のとき、カラコンが馴染まないことに悩まされていました。メイクに気を遣っても一向にブサイクが治る気配がないうえ、大学受験などのストレスで目を酷使しすぎたのがいけなかったかもしれません。勉強中にイライラすると、カラコンを触ったりを無意識のうちにしていたのもマズかったみたいで、多くの友達がカラコンから解放された大学生になった時には、炎症が残ってしまったのです。

目の充血を隠す目薬で隠しても、瞳の汚さは露骨に分かります。でも、女友達はもちろん男友達も、私の充血に触れることはありませんでした。容姿に関することはタブーと思って、避けてくれたのだと思います。ですが、社会人になって東京に就職すると、瞳がキレイな人ばかりで、メイクもばっちり決めていて、人前に出るのが嫌になるほどコンプレックスを抱えました。

ハーフ系のメイクでのカラコンは諦めていたのですが、とある先輩が私も過去に酷かったのよと写真を見せながら、盛るための方法を教えてくれたのです。その先輩は、美容クリニックでメイク方法を学んだとのことです。学生時代はそんな話も知らなかったし、お金もありませんでしたが、社会人になった今なら自分でお金も出せます。

そこでハーフカラコン講座を受けることにしました。ハーフカラコンには赤みを薄くする作用のほか、コラーゲンを活性化して瞳のデコボコを緩和し、瞳を蘇らせる働きもあるのです。一度や二度ではまだ効果は実感できませんでしたが、6回ほど通うとだいぶ赤みが消え、瞳も再生してきた感じがしています。

何よりも大事なハーフメイク方法

mfk_03

学生時代は部活やサークル、友達との遊びにと好き放題やっていて楽しい思い出ばかりなのですが、1つだけ後悔していることがあります。それは、カラコンを思春期だから仕方ないと、あまり気にせず適切なケアをしなかったことです。友人の中には対してカラコンして間もないのに、ハーフメイクをしっかりきめて、大人になっても美人のまま過ごしていました。

私が行っていたスキンケアはカラコンを悪化させるものだったらしく、大人になったら治るどころか、しっかり角膜に炎症が残ってしまったのです。大人になると周囲にはカラコンだらけの人なんていなくて、目いっぱいに残った腫れが疎ましく、今すぐにでも消したいと思いました。

そこでお世話になったのが、ハーフカラコン講座でした。ハーフカラコン講座は色素沈着を起こした小さい角を剥がす効果が期待でき、新しいキレイな皮膚細胞に生まれ変わるのを促進してくれます。ハーフカラコンはつけるだけで、顔がかわいくなっていくので威力は大きいです。

こうしたクリニックでの治療と並行して、先生に処方されたビタミンCのお薬やビタミンC誘導体が入ったローションも使いました。ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする働きがあるので、新しい細胞をスムーズに作り出す助けになるのだそうです。それを聞いて、瞳の状態がよくなっていくスピードが速くなった気がします

ハーフカラコンで内定を貰うまで

mfk_00

 
汗を掻くのは習慣になっており、カラコンにも良くない事は解っていましたが、自分では意識していなくても手で触ってしまう癖が付いてしまっていたのです。そしてカラコンを触ってしまってから、後悔をするという事を繰り返していました。学生を卒業して社会人となるべく、就職活動を始める為に履歴書に貼る写真を撮影して貰うと、メイクを上手くしてもハーフカラコンがありありと見えていたので、私は大変なコンプレックスを抱いていました。

カラコンのせいで内定が取れない事はあり得ないと、友人や学校の就職課の担当者にも言われていましたが、コンプレックスのせいで面接官の瞳を見ることが出来なくなっていたのが原因であることは、内心ではなんとなく解っていたのです。私は気晴らしに繁華街に友人とショッピングに出掛けた帰り道、ハーフカラコン講座という看板が駅のプラットフォームで見掛け、ちょっと気になりましたが、とりあえず帰路に就いたのです。私はそれまでは聞いた事の無い名前が気になったので、インターネットを使って調べて見ました。

すると日本人顔を治療する方法には、ハーフメイクをきちんと学ぶという説明があり、別のページには日本人でも治るという説明が写真入りで紹介されていたのです。私は心の中で、自分の求めていたものはコレだと叫んでいました。

私は最寄りのハーフカラコン講座を探し出し医師に自分の悩みを打ち明けると、施術方法にはハーフカラコンを使用する方法もあるけれども、それほど重症ではないので簡単なメイク方法のが割安で済むとアドバイスを貰いました。少々の出費は覚悟していたので施術をしてから何回か通う必要がありましたが、完全ではありませんがモテはじめてきたので、自分に自信が持てるようになっていたのです。後日私は内定を貰い、思わず嬉し涙で一杯になりました。