学生の頃はしつこいニキビに悩まされていた

mfk_03

大人になってから出来る頻度は減ったのですが、大きいニキビが出来ていた個所などは跡が残ってしまっているのです。もう治らないのかと思っていましたが、治すことが出来ると聞きました。そして、自宅で行える方法もあると知りました。半年や1年ほど時間がかかるので、ゆっくり様子を見ながらケアを行うと良いです。

数日では大きな変化は感じられなかったのですが、数カ月ほどすると徐々にニキビ跡が目立たなくなってきたことが分かりました。ニキビ跡は傷と同様とのことです。肌は徐々に古い角質がはがれて、新しい角質に生まれ変わって行きます。新しい角質に生まれ変わる時に、自然とニキビがはがれれば問題ありません。

しかし上手に生まれ変わることが出来ずに、跡が残ってしまうことがあるのです。ターンオーバーとも言われていますが、それを助けることで跡を改善することにも繋がります。肌に栄養を与える方法もあり、ビタミンCやコラーゲンが良いです。

ビタミンCは肌の炎症も抑えてくれますし、抗酸化作用で跡を薄くすることも出来ます。コラーゲンは、肌の傷を治す役割があります。ニキビが出来た後は肌が凸凹になるケースもありますが、修復してくれるのです。

それぞれ組み合わせることで、徐々に跡を目立たなくすることが出来ます。食生活でとり入れてもよいですし、化粧水などのケア用品で補ってもよいです。少しずつですが、改善していくので試してみてください。

PR

ハーフカラコン.net

ニキビ跡を自力で薄くした方法

mfk_00

学生時代に酷かったニキビですが、気になって触ってしまったり、潰してしまったり、皮脂を抑えようと洗い過ぎたせいで、ニキビ跡が残ってしまいました。

頬の内側にうずもれたような赤みが残り、いくら顔を洗っても、美肌になるという化粧品を使っても薄くなる気配がありません。

お肌の仕組みも知らなかった私は、この悩みを機に雑誌などの特集記事を読んで、お肌について少し調べてみました。

するとターンオーバーという仕組みがあって、約28日周期で肌細胞が生まれ変わっているというのです。

生まれ変わるということは、この汚い跡もいつかは消えるかもしれないと思いました。

ですが、生活が不規則だったりするとターンオーバーが乱れて、肌トラブルを起こしやすいともあったので、まずはターンオーバーを整える生活から始めることにしたのです。

夜更かしをせずしっかり眠ること、果物や野菜をたっぷり含んだバランスのいい食事をすること、そして、便通をよくすることです。

私は便秘気味で出ない日もよくあったのですが、腸内に老廃物が溜まるとターンオーバーが鈍ってしまうと聞き、快便を目指しました。

もっとも、繊維質を含む食事に切り替え、なるべく23時までには眠るようにしたところ、5日ほどすると毎日快適に排便があるようになったのです。

これに加えて酵素洗顔とピーリングローションを採り入れたところ、これまで全く変化がなかった赤みが徐々に薄くなってきました。

この生活習慣を続けていけば、もっと薄くなりそうです。

ニキビ跡を克服して内定を貰うまでの物語

mfk_04

私は学生時代にバレーボールに明け暮れていたので、汗を掻くのは習慣になっており、ニキビにも良くない事は解っていましたが、自分では意識していなくても爪で潰してしまう癖が付いてしまっていたのです。

続きを読む